デジタル盗聴について

 

 デジタル盗聴について

一人歩きをしているデジタル盗聴
このページは5秒後にhttp://www.johoguard.com/?p=151へ転送されます。

デジタル盗聴っていったい何者?


そもそもデジタル盗聴とは何なのか?
はっきり言って単なる携帯電話でしかありません。
デジタル盗聴器初めて私が知ったのは1999年頃ですが、その頃はデジタル盗聴とは言わず「無限盗聴器」として、ある探偵社などで販売されていました。
内容は無料配布の携帯電話を少し改造しただけの物で、価格は確か25万円程度だったと記憶しています。
ぼろい商売ですよね。
それが、携帯電話がデジタル通信の為いつの間にか「「デジタル盗聴」と言われるようになり現在に至っていますが、結局携帯電話です。
しかし、デジタル盗聴と言う言葉は一人歩きを始め「さも怖そうな物」として認識されています。
しかし、進化しているかといえば逆に盗聴器としては退化しているのです。

これは業者ですらあまり知らない事なのですが、現在の携帯電話のある機能が邪魔をしているのです。
昔の機種はこの機能のON/OFF切り替えが出来たので、この機能をOFFにすればクリアーに聞こえたのですが、現行機種ではこの機能は標準になっており、切る事が出来ません。
よって、昔の携帯電話に比べ現在の携帯電話は盗聴には向いていません。
市販のリモートリスナーなどの高性能マイクを使用しても、近くの音は聞こえても少し離れた所の音はカットされてしまいます。
使った事がある人ならば音声がブチブチ切れる事を体験している物と思います。
また、相性などが合って比較的よく聞こえる機種でも「こもった音」の為、何を言っているのか結構分からなかったりもします。

現行で「デジタル盗聴器」として売られている物も、イヤホンマイク部分に別マイクを直結にして埋め込みコール音を消しているだけで、10分程度の改造で1万円前後のプリペイド携帯が4万円前後で売られている訳ですから、その仕入れの卸金額で計算すれば、そのままプリペイド携帯で売るのに比べて5倍の利益になるのですから「おいしい商売」ですね。
しかも、用途が用途だけに公式に文句を言える筋合いの商品ではありませんから、粗悪品でも文句は言えません。
同じような物に「携帯電話暗証番号解読器」などがありますが、こんな物はPCに市販のソフトで簡単に出来てしまいます。
ソフト代が5千円前後でバージョンアップなら1980円ですから、暗証番号解読器の数万円はすごいですね。
しかも、ドコモなら着信メールもしっかりダウンロードできます。
おっと!話がそれてしまいました。

所詮デジタル盗聴といっても携帯電話ですので、携帯電話の性能を超える事は出来ません。
つまり、連続通話時間は2時間前後で充電が必要、圏外では使えない、携帯ジャマーで簡単に阻止できる、発見するより妨害が有効、海外ではすぐに電池切れを起こす等等、これらの携帯電話の弱点を付けばそんなに怖い物でもありません。
よく言われているように、通常では電波が出ていない為に発見できないとか、デジタルなので発見出来ないとか。そんなことは実際にはどうでもいいのです。
電波が出ていないデジタル盗聴器を発見する方法も実際にはありますが、コストの面でお奨めではありません。

デジタル盗聴(携帯電話)は通常の盗聴器より実際には対処が楽ですね。
これを、さも怖そうに言っていると言う事は、それを商売にしたい為で上記の販売会社と同じ手法なのです。
デジタル盗聴の一番安い防衛方法は、当社やホームセンターなどで売られている「ご用心」が効果的、「ご用心」は特に携帯電話によく反応します(3〜5M)ので、反応したらとりあえず喋らなければ聞かれる事はありません。
これならば1万円以下で可能です。
盗聴の盗聴・盗撮器やデジタル盗聴も周波数表示とレベル表示で発見できる機種にFBI-2800があります。
値段は高いのですが、これは素人さんが使う機種としては最高性能の発見器です。

これで調べて何も無ければ、心配する必要はないと言っても過言ではありません。
私が実験した所、全ての電波式盗聴に反応し設置場所の特定まで出来ました。

次の方法は携帯ジャマーの使用で、これは100%カットは出来ませんがそれに近い数値はカットできます。
デジタル盗聴は充電が必要な為、常に付いているとは限りません。
調査してもその時に付いていなければ調査の意味がありませんよね、その為、携帯ジャマーが有効になってくるのです。
当然自分の携帯もカットされてしまいますけどね。
この、100%ではないという事はどういうことか説明しますと、携帯電話の中継アンテナとの相対距離によって変わるという事なのです。
つまり、携帯電話やPHSの中継アンテナの近くではつながりやすく離れれば切れやすくなるという特性を持っています。
これは電波法に由来する物で、規定出力以上の電波を発信できない為に、妨害電波の出力が勝っていればカットしますし、携帯の出力が勝ればつながってしまいます。
しかし、デジタル盗聴は主に車載用に使われるのが主な為、常に状態が変化するので、聞く側の方からすれば切れている時間のほうが長くなり盗聴が実用的でなくなるのです。

面倒でもお金をかけずに防止す方法(車の場合)もあります。
簡単な事です、携帯電話が圏外になる地下駐車場などを探し半日〜1日程度止めていれば携帯の電池は切れてしまいます。
この原理は「国内の携帯電話を海外へ持っていくとすぐに電池が切れてしまう」事と同じ原理です。
携帯は常に使用できる中継アンテナを探すために定期的に電波を発信しています。
その表示が「バリ線」なのですが、圏内に中継アンテナを確認すれば一瞬の電波送信で終わりますが、中継アンテナが無い所では探し続けます。
その為に電波を発信し続ける事により、通話状態と同様の電池消費が行われるために電池がすぐに切れてしまうのです。
同じ原理で携帯ジャマーによる妨害も電池切れを起こさせる事が可能になります。
この方法は、室内の防衛に利用できます。

ここまで読んでいただければ前に書きました「デジタル盗聴は通常の盗聴より対処が楽」と言うことが少しは理解できたと思いますが、整理してみましょう。
項目 デジタル盗聴 通常盗聴
周波数 携帯電話の割り当て周波数が決まっている為妨害する場合でも一定の決まった周波数だけを妨害すれば良い 広い範囲の周波数帯に分散している為全てを妨害する事は困難で発見したほうが効果的
サイズ 基本的に携帯電話なので基盤だけ使ったとしてもかなり大型になるので、仕掛ける場合も制限が大きい 基盤自体はきわめて小型なので仕掛けや仕込みの自由度が大きい
電池寿命 連続通話は2時間程度で充電が必要電源供給しながらの場合はACアダプターなどが必要だったり制限が多い 最近ではペン型でも50時間以上は発信が可能で少し大型になれば2〜3週間程度は電池が持つ、コンセント式なら半永久
出力 携帯電話は通常の盗聴いに比べ比較的出力が大きい為、ご用心などでは反応が激しく、喋らない対策を採れば聞かれる事はない。 微弱な電波の為、、ご用心などの発見器での反応は10センチ以内になる為反応したら喋らない作戦は通用しない。

どうです?
比較してみれば、どうって事の無いものでしょう。
はっきり言って「使えません」ね。
まあ、高額な費用をお支払いの覚悟があれば超音波利用撃退方法やクリスタル共鳴方法なんて方法もありますが、これらは企業秘密と言う事で公表しません。

少し理解力があればこのページに、発見は不可能と言われているデジタル盗聴を、簡単に見つけるヒントが読み取れると思います。
具体的な発見方法は企業秘密と言う事で・・・・


携帯電話を分解して見た

たまに見かける記述で「基盤を取り出して、電化製品の中に仕込む」と言うのを見かけますが、さあそんなこと本当に出来るんでしょかね?
実際に、3つの機種で分解してやって見ましたが、実際の所「無理」って言うよりもそんな事をする意味が無いのです。
今の携帯電話は、ほとんど無駄の無い設計になっていて、ケース自体が基盤に必要な部品になっているので、分解して何かに仕込む場合、他の代用部品が必要になり分解する前より量が増えるのです。

これは、ご自分の携帯電話を分解して見れば分かりますが、まず特殊なドライバーが無ければ分解できません。
そして、携帯電話のケースが型になっていて、ケースが無ければ基盤などの部品を固定できませんし、他の部品との位置関係も精密に作られています。
その部品同士も接点方式なので、少しでもずれると接触が悪くて機能しませんし、それらの部品を固定する為には押さえつける部品なども必要になり、結局元の携帯電話のままで使った方が容量が小さいのです。
さらに、バッテリーもケースと一体型になっていたりしますので、実際に分解して見ると、分解して基盤だけ設置する事が無理である事が分かります。
ただし、携帯メールなどが無かった時代の機種では基盤設置は可能ですが、もう売られていませんし、白ロム携帯で探してもバッテリーは、まず死んでいます。


上記の写真でも分かるように、テープなどで押さえようとすれば、テンキーを押す事になりますし、少しでもずれれば接触しません。
携帯電話は、ケースも基盤とその他の部品を正確に固定する部品なのです。
デジタル盗聴は、携帯電話の設定も必要な為、この他に液晶部分も必用になりますので、分解使用がいかに困難であるかがお分かりいただけると思います。
もう一つ付け加えるなら、これだけぎっしり詰まった携帯電話の内部に、盗聴器を仕掛けるスペースはありません。


デジタル盗聴は時代背景も考慮しよう


デジタル盗聴が騒がれ始めたのは、前にも書いた様に1999年で、その当時はまだアナログ方式が残っていて、携帯電話の傍受が可能だった。

しかし、現在は完全デジタル化になり、携帯電話の傍受が不可能になっている。

しかし、ネット上にはアナログ時代の情報も残っており、そうした情報では携帯電話の傍受は可能と書かれている。

ネットの中でデジタル盗聴を心配する人の多くは、そうした古い情報を見ている場合が多い。

そして、デジタル盗聴と、携帯電話の傍受は別物なのだが、これも混同して考えている人が多い。



盗聴発見の情報ガードTOP/ 盗聴器調査料金表 /盗聴器発見調査レクチャー /盗聴・について /盗聴・盗撮に関する法律 /デジタル盗聴って? /携帯電話の盗聴(傍受) /レーザー盗聴 /電磁波盗聴 リモート式盗聴器/ GPS位置情報システム /最新盗撮情報 /ATM盗撮について /盗撮・盗聴脅迫電話について /盗聴器・盗撮カメラの発見講習 /盗聴発見開業マニュアル /盗聴発見日記 /監視妄想カウンセリング /盗聴・盗撮の心理被害について /ワンクリック請求の心理トリック /ストーカー対策講座 /集団ストーカー・ガスライティング/通販コーナー/携帯サイト
 (C)All Copyright 1999johoguard