携帯電話の盗聴(傍受)

 


携帯電話の盗聴(傍受)

携帯電話の盗聴は技術的には無理

このページは5秒後にhttp://www.johoguard.com/?p=173に転送されます

携帯電話の盗聴には色々な誤解があります。
一番多い誤解が、携帯電話とトランシーバーを同じに考えている人が多いのです。
携帯電話には電話番号がある、だから周波数が割り当てられていて、その周波数を受信して盗聴されると考えている人が非常に多いのです。

しかし携帯電話には固有の周波数は割り当てられていません。
電話をする度に周波数は変わります。
また、電話中でもハンドオーバーの時に周波数が切り替わります。
しかも、デジタル通信で音声変換は出来ません。

つまり、例え携帯電話の電波を受信しても誰の通話か分からず、その周波数も常に変っているのです。
そんな物を盗聴する事は出来ません。

また、CDMA方式の携帯電話は、多数の人の通話を混信させて符号によって分けています。
その符号が分からなければ特定の通話を分離する事は出来ないのです。
その符号とは、主に声紋が符号として使われるため、他人が使用する事は出来ません。

つまり、複数の人の会話が混信した状態の音声変換出来ないデジタル電波、しかもハンドオーバーで周波数がコロコロ変り、誰が何時どの周波数を使うかも分からない携帯電話の電波を受信して聞くなどと言う事は不可能なのです。


クローン携帯の真偽

携帯電話の盗聴に付随する問題としてクローン携帯があります。
「クローン携帯を作られて盗聴されている」と・・・

さてクローン携帯は現実に存在するのでしょうか?
確かに海外では存在していますが、日本国内となると実際に確認された例は有りません。

恐らくこれが実際の所でしょう。
海外と国内ではかなりシステムが異なります。
まず携帯電話に使われているSIMカードの規格から違いますし、同時に一つの固有携帯IDが二つ検出されれば分かるようになっていますので、日本では無理なのが現状のようです。
また、日本国内でとり立たされたクローン携帯も、実際にはクローン携帯による物とは言い難い物ばかりで、クローン携帯による盗聴とは全く無縁の物ばかりです。

日本のクローン携帯騒動は、請求賞の請求金額の多さによって問題になっています。
今まで、日本国内でクローン携帯の疑いのある問題も、原因は提携する中国の通信会社の交換機の問題だったり、ゲームやアプリのパケット量の増大だったり、クローン携帯とは別の問題だったりしています。


私も仕事柄色々な事案を見て来ています。
それは勘違い・・・・・と言うより記憶障害。

しかも自分で記憶障害と言う認識は有りませんでした。
それらが記憶障害と判明したのは、防犯カメラによる録画でした。
「留守中に誰かに侵入される」と言う人で、防犯カメラを設置した人の映像で明らかになった事なのです。

ある人は、「留守中に預金通帳を盗まれ、その後に預金300万円を引き出された通牒だけ返してあった」と言う事から、防犯カメラを設置したのですが、ガスを撒かれて意識を朦朧とされたと言う場面を見てみると、一時間程電話している姿が映っていましたが、その電話の記憶がありません。
結局その方は認知症で有る事が判明しました。

またある人は、部屋に侵入されて部屋の物が無くなったり、電話を使われる(高額な請求)と言う事で、防犯カメラを設置しました。
しかし映っていたのは、毎日真夜中に自分が電話している姿、しかしその記憶がありません。
その方は20代女性でした。


また、電話の通信が出来なくされていると言っていた人は、電話代を払っていなかっただけだったり、実際には勘違いや記憶障害による物が多いのです。



盗聴発見の情報ガードTOP/ 盗聴器調査料金表 /盗聴器発見調査レクチャー /盗聴・について /盗聴・盗撮に関する法律 /デジタル盗聴って? /携帯電話の盗聴(傍受) /レーザー盗聴 /電磁波盗聴 リモート式盗聴器/ GPS位置情報システム /最新盗撮情報 /ATM盗撮について /盗撮・盗聴脅迫電話について /盗聴器・盗撮カメラの発見講習 /盗聴発見開業マニュアル /盗聴発見日記 /監視妄想カウンセリング /盗聴・盗撮の心理被害について /ワンクリック請求の心理トリック /ストーカー対策講座 /集団ストーカー・ガスライティング/通販コーナー/携帯サイト
 (C)All Copyright 1999johoguard