情報ガードの盗聴・盗撮への取り組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報ガードは盗聴器や盗撮カメラを調査・撤去するだけではなく、見られている聞かれていると言う不安の撤去を最優先に考えております。

盗聴や盗撮はお化けのような物で、盗聴や盗撮の不安は得体の知れない不安なのです。

盗聴や盗撮は得体の知れない不安ですので、盗聴や盗撮を疑い始めると何でも怪しく思えてしまうのです。

そうなると不安が疑心を呼び、心が疑心で満ち溢れてしまい、心が休まる時間が無くなってしまいます。

その状態は、盗聴や盗撮の有無より遥かに深刻な状態で、その時間が長ければ鬱病などの心の病気に陥ってしまいます。

心が疑心で満ちている状態はストレス状態であり、継続的なストレス状態が一ヶ月続けば鬱病の発症リスクが格段に跳ね上がってしまうのです。

そうした状況を回避する為には、盗聴や盗撮の不安を感じたら早急に調査を行い、盗聴た盗撮の有無を明確にする事です。

盗聴や盗撮の不安を抱えるご家族の方にも注意が必要です。

多くのご家族の方が「そんな事は考え過ぎだ」と最初は相手にしません。

その為、時間が経過していて既に発症してしまっている場合が多いのです。

それでも早期発見が出来れば早期回復も可能です。

盗聴や盗撮の早急な調査の有効性は他にもあります。

盗聴や盗撮の不安を感じると、多くの人はネットで調べたりネットで相談したりします。

盗聴や盗撮の不安を持つ者にとってネットは最悪の場所なのです。

例えば、ネットの相談掲示板等で相談すれば色々な人が答えてくれます。

しかし、答えてくれる人に専門家はいません。

答えてくれる人は何処かで聞きかじった内容で答えているのです。

その聞きかじった内容が妄想で作られていれば、他者の妄想を広げる結果になってしまいますし、そうした掲示板にはその妄想者が常駐して引き込もうとしています。

そうした他者の妄想に先に接してしまうと、それを是正する事は困難になってしまうのです。

他者の妄想に接してしまうと、疑心暗鬼が倍増して病気へのカウントダウンが加速します。

ですので、ネットで調べたりする前に調査をすると同時に、正しい知識と経験を得る事が重要なのです。

また業者選びも重要です。

下手な業者に依頼すれば不安を増大させてしまう事になりかねません。

業者を選ぶ際は、少なくとも問い合わせの時に「こんな盗聴の方法もありますから、それかもしれませんね」などと、不安を煽り立てて依頼に結び付けようとする業者は避けるべきだと思います。

また、盗聴や盗撮の発見技術だけでなく心の問題にも精通している業者でなければ、技術論や方法論に終始してしまう為に現実的ではない余計な知識を付けられて不安を増大させてしまうのです。

盗聴や盗撮の不安と言う物は、調査をして盗聴や盗撮の有無を確認して「有れば撤去、無ければ安心」それで一件落着と言う単純な物ではありません。

盗聴器や盗撮カメラの調査をして盗聴器や盗撮カメラが無いと分かっても、不安を拭い去れない人がとても多いのです。

その不安を拭い切れない所にこそ、根本的な問題が潜んでおり、その問題の是正を図らなければ真の解決は望めません。

情報ガードは盗聴器や盗撮カメラの調査や撤去だけでなく、カウンセリングによる真の問題解決の糸口をご提示いたします。