クローン携帯を作られて携帯の会話を聞かれています

クローン携帯とは、SIMカードをコピーして同じ電話番号の電話をもう一台作り不正利用する物。

しかし、クローン携帯は海外では可能ですが日本では使えません。

理由は、日本の携帯システムのガラパゴス化で、日本と海外では携帯電話の通信網や設備が全く異なっているのです。

SIMフリーが当たり前で発展して来た海外とは違い、日本ではSIMロックで通信会社が顧客を囲い込んで成長して来ました。

その為、海外ではシステム上のSIM管理は不要ですが、日本ではシステム上でもSIM管理が必要になる訳です。

携帯電話は常に基地局と通信しており、端末の位置をシステム的に把握しています。

日本でクローン携帯を作ると、システム的に端末が二ヶ所で計測されますので、二ヶ所で同じSIMが計測されるとシステム的に通話出来ない状態になります。

ですので、日本でクローン携帯を作っても使えないのです。

クローン携帯には誤認するケースもあります。

例えば、自分でクローン携帯の実験をしようと、自分の携帯のSIMを複製して試した場合、自分の部屋だけで試せば一ヶ所での計測になりますので、システム的な通話不能は起こりません。

その現象を以ってクローン携帯は可能とは言えないのです。

 

詳しくはこちらをご参照ください。

携帯電話の盗聴(傍受)

デジタル盗聴は見付けられないと聞いたのですが

デジタル盗聴は見付け難い性質の物ではありますが、見付けられないと言う訳では有りません。

デジタル盗聴に付いては先ず認識を改める事です。

デジタル盗聴はデジタル盗聴器と言う特別な盗聴器が有る訳ではありません。

デジタル盗聴とは、あくまでも携帯電話の用途外使用でしかありませんので、性能も携帯電話を超える事はありません。

ですので、携帯電話のメカニズムを知れば自ずと発見方法も見えてきます。

 

詳しくはこちら。

デジタル盗聴

上の階の人にコンクリートマイクを使われて自分が部屋の何所にいるか知られている

「盗聴器やコンクリートマイクで自分が部屋の何所にいるかを知り、部屋を移動すると移動した部屋で音を出して来る」

これは意外と良くある質問です。

こうした質問で、皆さん口を揃えて言われるのが「足音を聞かれて場所を特定されている」と言われるのですが、はたしてそんな事が出来るのでしょうか?

まず、このコンクリートマイクの映像をご覧ください。

さてこの音は何の音に聞えますでしょうか?

そして、何所を歩いているか分かるでしょうか? 方向まで分かりますか?

まずは、そうした事をこの音で想像してみてください。

 

 

その音の正体は次のコンクリートマイクの映像です。

さて、想像通りだったでしょうか?

 

この映像を踏まえてご説明します。

コンクリートマイクは音の振動を読み取る装置です。

振動は一ヶ所だけから出ている訳ではありません。

足音を礼に説明すると、コンクリートマイクで聞く足音は、自分の足音、隣の人の足音、1階の足音から10階の足音まで全て入り混じって聞えます。

そして、コンクリートマイクで聞える音の強弱は振動の強弱であって、距離による強弱ではありませんし、ましてや方向など分かりません。

つまり、コンクリートマイクで居場所を知られるなんて事は有り得ないのです。

 

コンクリートマイクがダメなら盗聴器ならば?との質問も寄せられますが、盗聴器はこのコンクリートマイクの映像が無い状態で聞くのと同じで音の強弱しか分かりません。

 

ここで映像を使用したのは、自分で体験した事が無ければ想像するしかありません。

現実を知らない想像では何でも出来るような錯覚に陥り、無限に広がっていってしまいます。

それをどんなに言葉で説明しても、想像の広がりを止める事は出来ません。

「百聞は一見に如かず」ですので、言葉による説明よりも映像で説明した方が理解できるのです。