盗聴発見技術講習

盗聴発見の技術や知識を身に付けたい、偵業をしているが盗聴発見は苦手なので盗聴発見を覚えたい、これから盗聴発見業を開業したい、自社のサービスに盗聴発見を加えたい言う方の為に、盗聴発見技術講習を行います。

盗聴発見と言うお仕事は盗聴器が付いているから調べるのではなく、盗聴の不安を持っている人に安心を提供するお仕事です。

その盗聴に対する不安も持った人は、社会に対する不安から年々増加しています。

しかしそれは主に心理的要因による物です。

情報ガードの盗聴発見講習は、盗聴発見技術だけでなく、そんな心理的要因の人にも対応出来る講習です。

探偵業や防犯関係の職業の方でこんな経験をされた事は在りませんか?

1. 鍵を何度変えても入られる。

2. ストーカー調査で複数犯でストーカーされていると言った依頼者で、実態が見えてこない。

3. 留守中に侵入されるが何も取られず米や醤油が減っていて家具などの配置がずれている。

4. 防犯ブザーや防犯カメラをを付けても犯人は巧妙に反応しない様に侵入してくる。

5. 嫌がらせの内容が「ささやき」「誹謗中傷」などである。

この様な依頼や相談は心理的な要素による物で、その原因を知らなければ解決できないどころか、犯人の一味と思われて警察へ被害届けを出されてしまう場合もあります。

例えば、鍵屋さんで多いのが「鍵を何度変えても入られる」と言ったケースで、この場合「侵入してくる犯人と鍵を取り替えた鍵屋が結託していて、鍵屋が犯人に鍵を渡している」と思われているのです。

防犯カメラや防犯ブザーの設置でも「設置した業者が配線に細工して反応しないようにしている」と思い込んでいたりします。

ホームセキュリティーの警備会社にいたっては、鍵を預けている警備会社の警備員が犯人と思っている場合も多く、こう言ったケースは今後増えていきます。

情報ガードの盗聴発見講習は、こう言った内容にも対応出来る講習です。

その為、講習だけ受けたい人の為に講習料に機材費はセットされていませんので、機材が無くても講習を受けられるようにしてあります。

受講料 ¥100.000 /1人(消費税別)

講習内容(3日間)

1. 盗聴発見に必要な知識の講習(盗聴器の種類、盗聴の方法、電波的知識、心理的要因、建物の構造的的要因、etc)

2. 盗聴発見の実技指導の講習(周波数測定、盗聴器の設置場所特定方法、電話盗聴器の設置場所特定方法、盗撮カメラ発見方法、etc)

3. 盗聴発見の実技指導の講習(前日のおさらい、質疑応答)

 

自社及び自宅で講習を受けたいと言う方には、出張講習も行います。

(引越し業者、不動産業者、マンション管理会社、警備会社、鍵屋、防犯ショップ等)

受講料 ¥120.000/1人(宿泊交通費・諸費税別)

※講習料金に機材費は含まれておりませんので必要に応じてご購入下さい。

開業に最低限必要な機材

ハンディーレシーバー、周波数カウンター付き電界強度計、練習用盗聴器、盗撮発見器、八木アンテナ

盗聴発見技術レクチャー

盗聴発見器を持っているが調査方法が分からない方に、調査方法のレクチャーを行います。

対象は盗聴発見器をお持ちの方又は盗聴発見器の購入希望の方で、盗聴器の発見方法を直に教わりたい方です。

盗聴発見器による盗聴発見方法、又はレシーバーによる盗聴発見方法、盗撮カメラ発見器による発見方法。(お手持ちの発見器に準じます)
実際の盗聴器を使った練習、盗聴器の電波と盗聴器以外の電波との判別方法。

電波の性質、盗聴方法の是非等、ご不明な点のご質問にお答えいたします。

※機器の操作方法ではなく、調査方法のレクチャーです、操作方法は取扱説明書をご覧下さい。

 

レクチャーの料金は、ご来店いただける場合と、出張では異なります。

ご来店の場合¥5.000/30分単位

出張の場合¥10.000/1時間単位+交通費

※上限¥30.000(交通費・消費税別)

被害妄想カウンセリング

盗聴・盗撮系の被害妄想でお悩みの方に、被害妄想カウンセリングを行なっています。

ご本人様でもご家族の方でもかまいません。

被害妄想カウンセリング

※本人様が被害妄想から抜け出す意思を持たれている事が大前提です。

2時間コース¥30.000 出張交通費・消費税別

2時間超コース¥40.000 出張交通費・消費税別

※ご来店の方は出張交通費は掛かりません。

盗聴発見調査の延長としての場合

※ 盗聴発見調査をご依頼された方で、調査終了後にカウンセリングをご希望される方。

¥5.000/30分

 

情報ガードが行なう盗聴・盗撮系の被害妄想カウンセリングは「経験で学ぶ」が基本になっています。

被害妄想を持たれている方のご家族の方を数え切れないほど見てきましたが「説得」を試みようとする人が大半のようです。

被害妄想を持つ人に説得を試みようとする事は、はっきり申し上げて殆ど効果はありません。

それはご家族の方にしても、ご本人様にしても同じなのです。

被害妄想を抱かれている人は、ご家族の方や知人の方から色々話を聞いて、その場は安心できたとしても、その後に別の形で不安が湧き上がってきます。

一つの事で納得できても、別の事案の不安が沸きあがって来て堂々巡りになってしまいます。

それを防ぐ為には経験で学ぶのが効果的なのです。

 

お問い合わせ・お申し込み先

情報ガード

〒453-0811
名古屋市中村区太閤通9-10
TEL・FAX兼用:052-481-2604 ※FAXになっている場合は携帯へおかけ下さい。

携帯:090-9704-1804 ※外出中が多い為、携帯の方が繋がります